本文へ移動

カトウ産業の思い出ブログ

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

ダイハツ様の個性的なスタンド台紙を紹介

2019-04-21
前回も紹介した、車販売店様の納車記念等に使われるスタンド台紙ですが、おかげさまでダイハツ販売店様にも納めさせていただくようになりました。
販売店様によって中台紙のデザインも異なる個性的なものを作らせていただいていますので、今回はそのうちの2種類を紹介したいと思います。
 
表紙は共通
1つ目は琉球ダイハツ販売様
中台紙の上部に大きく花が描かれています。
切り抜き部分にまで届いてしまっているくらい。
何の花なのだろうと思っていたら、こちら、沖縄の県花でもある「デイゴ」
のようですね。
その花言葉は「夢」「活力」「生命力」「和」とのこと。
下部のネーム部分も両サイドに柄が入っていて、力強さと繋がりのようなも
のを感じさせてくれます。
比べてこちらは山梨ダイハツ販売様のもの
こちらは打って変わって中台紙のデザインがよりシンプルになっています。
下部のネーム部分もロゴがなく、文字を読んで初めてそれがダイハツ様と気
づいたくらいです。
また面白いのは中台紙に描かれた四角形のラインが直線ではありません。
よく見ると波線
幾何学的な均整の取れた直線ではなく、あえて雑さを残した波線になってい
ます。
その緩さに和みますね。
キチキチとしたものが仕事のすべてではないと気づかせてくれるようなデザ
インでした。
このように同じダイハツ様でも販売店によって個性が違います。
見た目は確かに違いますが、はっきりとしたビジョンやイメージを持ってい
るという点では共通しているように思えました。
働く一社会人としても勉強になります。
大量生産された安いものをただ使うのではなく、自分たちらしさ出したいと
いうお客様がおられましたら、当社のスタンド台紙を一度試してみてはいか
がでしょうか?
今回も読んでいただきありがとうございます。
 
 
 
 

スズキ様のスタンド台紙を紹介

2019-03-28
色んなタイプの写真用台紙がある中、今回はスタンド台紙のお話です。
おかげさまで、近年当社でも多く作らせて頂いているスタンド台紙。
その多くはトヨタカローラ様やネッツ様、トヨペット様といった車の販売店様の納車記念用に納めています。
現在、車の販売店様では新車を買われたお客様への「納車式」というものに力を入れているそうで、新たな愛車との記念撮影も行うのだとか。(恥ずかしながら私は車を新車で買ったことがない)
これらスタンド台紙もそのときの写真を入れる記念品として使われているそうです。
 
最近では、新たにスズキ様にも収めるようになりました。
ありがたい話です。
こちらがスズキ様のスタンド台紙
ブルーを基調にしてスズキのロゴとネームが際立つ表紙をしています。
ネッツ様も青色の表紙ですが、それとはまた色味も材質も違うブルーです。
 
スズキ様へは現在2つの販売店様のものを作らせていただいております。
表紙は一緒でも中台紙のデザインが少し異なっています。
 
比較
スズキ自販関東さまはシンプルなタイプ、スズキ自販北陸さまのものはキャッチコピーも入り、三つ葉の絵柄も入ったものになっております。
これまではシンプルなタイプのものが多かったのですが、お客様の要望にあわせてデザインも変えられるということが、これらの写真からもわかっていただけるかと思います。
私はどちらかと言えば何事もシンプル派であったのですが、こうした比較をしてみるとデザインを加えるのも悪くないなと思うようになりました。
個性が出ますね。
柄も個性ならシンプルさも個性です。
 
スタンド台紙だけでも、少しずつ変わった柄のものも増えてきていますので、次回以降またそういったものを紹介していきたいと思います。
読んでいただきありがとうございます。

台紙ってナニ?

2019-02-26
当社でも製造しているアルバム台紙ですが、友人と話しているとき「うちは台紙を作っている会社」だと説明しても、「台紙って何?」と返されることが多々あります。
かくいう私も入社するまでその「台紙」なるものがどんなものかよくわかっていませんでした。
簡単に言うと写真や図画なんかを貼ったり入れたりできる厚紙のことなのですが、こう文字にしてもなかなかイメージしにくいのがこの「台紙」というものだと思われます。
今回は、カメラマンや写真館に勤める方々など写真に関わる人以外の人でも「台紙」なるものがどんなものであるのか理解してもらえるように、写真を交えて簡単に説明したいと思います。
たとえばこういったもの
こちらは1面のアルバム型のものです。うちの会社でよく作られます。
芯となる厚い紙にビニール系などの生地を貼り、表紙のように成形したものです。
内側には、通称「中台紙」と呼ばれるものが組み合わされています。
中台紙は、ボール紙やカラーペーパー等が張り合わせてできており、写真が入る窓のような穴があけられています。
この窓のところに集合写真や個撮したものを入れて、アルバムとして成り立たせるわけです。
もちろん写真の大きさに合わせて窓の大きさや向き、さらには数なども変わってきます。当社でもお客様の要望に合わせてそれらに対応もしています。
 
写真用の台紙で言えば上の1面のものもあれば、両面を使用した2面のものもあります。折りたたみ式にして3面のものもあります。
 
ほかにも中央にリング状のものを取り付けた、いわゆる「ファミリー用」と呼ばれるタイプのものもあります。
そちらはリングに写真を貼り付けられる「下台紙」を取り付けていくものです。
お子さんの成長や家族と過ごした年月に合わせて任意にその下台紙の数を増やしていくことができるわけですね。
 
台紙と言っても色んな種類がある
これも一つの写真用の台紙ですが、置ける小型のスタンド型の台紙もあります。
自立するものでデスクなどに飾っておくことも可能です。
 
さらには、台紙は写真のアルバム以外にもあり、例えば卒業や修了の証書を収めるものなどもあります。
CDやDVDケースを厚紙で作ることも可能であり、実際当社で制作しているそれらも広義で「台紙」と呼べるのではないかと思われます。
紙で作ったCDケースのサンプル(製作途中)
円の中心にCDを固定する丸い突起物をつけると完成します。
 
以上のように一口に「台紙」といっても様々な用途に合わせ、いろんな形、いろんなタイプのものがあります。
言い換えると、写真や印刷物を収めるものを厚紙で作ってしまえば、すべて台紙と呼べるのではないかと、私などは最近思うようになりました。
今後も既存の製品、既存の考え方のみにとらわれず、当社の厚紙加工の技術等、リソースを活かして、新しい「台紙」またはそれに変わる何かを作り続けて行きたいと意気込みを新たにいたします。
読んでいただきありがとうございます。

クリスマスケーキをいただきました

2018-12-26
12月、当社は繁忙期を迎えているため、毎年忘年会を開くこともできませんが、代わりに社長より社員へ一人ひとりクリスマスケーキがプレゼントされています。
金沢の菓子工房「ぶどうの木」のケーキを一人1ホール貰えるので、なかなか有り難いです。洋菓子好きならわかってもらえる話かと思われます。
種類もいくつかあり、いちごと生クリームのものや、チョコ味のものといった定番のものの他にタルトなど限定のものも数種。その中から好きなものを一人ひとり選択して注文しています。
私(一社員です)は昨年、定番のものをいただいたので今年は限定のものを選んでみました。
タルトが人気の中、私が選んだのは今年新たに登場したという、洋梨を使った「ルレクチェ」というものでした。
当社でも選んだ人が少なかったので、今後の参考のために食べてみた感想を以下に簡単に書いてみたいと思います。
見た目はこんなケーキです。
写真は四等分した一切れです。
いちごとか乗っていませんのでクリスマスケーキらしさはあまりないかもしれません。
1ホールでも直径15cmくらいしかないのでちょっと小さめです。その小ささがネックに思った人も社内で少なくなかったかもしれません。
食べてみると、洋梨の甘みが口の中に広がります。柔らかさもあってちょっと甘さが強く感じるかもしれません。
ただ、洋酒も使用してあるようで、リキュール系のお酒独特の苦味というかクセもあって、大人向けの甘さと言えます。
かつ底にある土台の部分のカリッとサクサクした食感が、口の中が甘たるくなるのを一歩手前で防いでくれていました。
甘さが強いようで、しっかりとバランスの取れた一品でした。
決して子供向けではないかもしれませんが、美味しかったです。
 

ホームページが新しくなりました

2018-12-25
お気づきの方もおられるかと思いますが、12月25日より当社のホームページが新しくなりました。
より見やすく、より伝わりやすいサイトにしたくリニューアルさせていただきました。
それにともない新たにブログも始めることとなりました。
人様の「思い出」に寄与する「アルバムの台紙」作りにも携わる当社のブログということで『カトウ産業思い出ブログ』と銘打っております。
新商品や試作品の紹介を中心に更新していく所存ですが、職場での出来事、県内の風景、社長や社員のつぶやき等々、他愛のない話も多くなるかと思われますので、その点「それも一つの小さな思い出」とあらかじめご容赦いただければ幸いであります。
 
カトウ産業株式会社
〒920-3112
石川県金沢市観法寺町い46番地1
TEL.076-258-0943
FAX.076-257-6595

1.写真アルバム台紙
2.各種パッケージ
3.包装資材全般
4.紙加工品
0
2
1
0
2
3
TOPへ戻る