本文へ移動

カトウ産業の思い出ブログ

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

Honda Cars 神奈川南さまのスタンド台紙のご紹介

2020-03-15
先月に続き、今回も新しいスタンド台紙の紹介をさせていただきます。
これまでトヨタ系列、日産系列のディーラー様がた、またスズキさまやダイハツさまと取引させていただいておりますスタンド台紙。
車好きとしましては、より多くのメーカー、ディーラー様のスタンド台紙を作れたらこれ幸いと思っていたところでありましたが、この度ホンダ様のものも作らせていただくことになりました。
お取引させていただいたのは「Honda Cars 神奈川南」さまです。
白地に光る金ネーム
こちらがその外観です。
少しエナメルがかった白い生地を使用しています。
私などはスポーツカーも好きなためか、ホンダで白となるとタイプRでよく見られたチャンピオンシップホワイトというカラーを思い出してしまいます。
ネームやエンブレムは金の箔を使用していますし、白そのものもチャンピオンシップホワイトとは違うためタイプRとはイメージがぜんぜん異なるのですが、箔を押しながらついついニヤニヤしてしまいました。
ホンダは白が似合うというセルフィッシュなイメージからすごく美しく見えたんですよね。
そして手前味噌でしょうか、いいものを作っているとの自負が胸のうちに湧いてきたというわけでありました。
 
中台紙は二種類
内側はこのようになっています。
縁に植物があしらわれている、といったデザインです。
 
また、中台紙が二種類あります。
描かれた植物の色が緑のものとピンクのものの二種類あるのです。
男性用、女性用に分けているそうです。
これは、それまでの他のディーラー様のスタンド台紙ではなかった試みです。
兼用のほうがコストを低く抑えられるものかもしれませんが、そこをあえて二種類にしてきたところに私などはちょっとした驚きと関心がありました。
一色に縛られないというのは、たしかにユーザーからすると嬉しいものですね。
ユーザー視点からするとこれがある意味正解になるのかも、と。
そういえばホンダ車も「フィット」を筆頭にカラーバリエーションが豊富なんですよね。
なるほどと頷いてしまったわけです。
 
ちなみに私は男なのですが、買った車の色によってはピンクのスタンド台紙をもらいたいなとも思ってしまいました。
そういった選択がHonda Cars 神奈川南さま内で実際あるかはわかりませんが、そんな妄想をしていると色んな意味で可能性が広がってきそうな、そんな気がしてくるのでありました。
またいい刺激をいただけました。
 
今回もお読みいただきありがとうございました。
 
 
 
 
 

三河日産さまのスタンド台紙のご紹介

2020-02-11
弊社が製作するスタンド台紙を使用してくれる自動車ディーラー様がまた増えましたのでご紹介させていただきます。
このたび新たに作らせていただいたのは三河日産様のものです。
これまでトヨタ系列のディーラー様との取引が多かった中、いよいよ日産系列様のものも作ることができました。
個人的な話ですが、私自身車好きですので、こうしていろんなディーラー様と取引できることについつい興奮してしまいます。
ちなみに弊社の社長も車好きだそうです。
こちらがその外観
赤色を基調にシルバーの文字が光るデザインになっております。
赤バックとシルバーの組合わせは日産のロゴでよく目にしますね。
私自身も「日産=赤」のイメージがありましたので、この色の組み合わせを企画提案段階で推しておりました。
生地は革のような風合いのあるものを使用しており、普通のビニールよりもちょっと高級感があります。
比べて中台紙
中台紙は白地に黒文字のシンプルなものに仕立てられています。
どこか潔いですね。
作り手側としては、その高級感や潔さを崩さないよう細部に手抜きはできないなと改めて思わされた次第です。
実はこのタイプのスタンド台紙、表紙の端を止める作業などを手作業で行っていたりします。
オール機械化できない中、それでも生産性を上げるために、たとえ手作業で大変でも品質向上に努めなければと考えさせられたのでありました。
 
今回もお読みいただきありがとうございます。
 
 
 
 
 

強化段ボールで自分だけのスペースを作る

2020-01-11
弊社ではアルバム以外の紙製品も取り扱っておりまして、先日ちょっとユニークなものが事務所にやってきましたので紹介したいと思います。
その見た目は穴のあいた大きな段ボール数枚なのですが、組み立てることで「自分だけのスペースを作れる」という代物です。
いつもお世話になっていますマネジメントの方からのご依頼で、放課後等デイサービスの施設内で使うのだそうです。
児童たちの中には一人でいられる空間を好む子もいるのだとか。
撮影用に社長自ら組み立てる
会社の駐車場にて組み立ててくれました。
小窓や入り口のついた四枚の強化段ボールで構成されています。
切り込みにはめ込んでいくだけですので、組み立ても簡単です。
高さは、大人の男性の腰より少し上くらいでしょうか。
段ボール(紙)ですので一枚1㎏もないくらいの軽さで、それでいて表面はベニア板かと思ってしまうくらい固いです。
三層構造の段ボールですので強度もあり、こうして組み立てても簡単にへたることもありません。
もちろん紙ですので、不要になった場合は段ボールとして捨てることができます。
「自分だけのスペース」感を社長自ら入って確かめる
写真のように大人が入ることもできます。
私も入ってみましたが屋根が空いているからか大人でも窮屈さを感じるようなことはありませんでした。
また小窓もついていますので外世界の情報をすべて遮断するわけでなく、「自分だけのスペース」を作りながらも外との繋がりも適度に維持できます。
作業等に集中したいときに大人が利用するというのも、アリかもしれません。
 
ちなみに天井をつけることもできるようです。
ほかにも別途値段はかかりますがラッピングのようにダンボール表面に印刷することも可能なんだとか。
そうなると広告に使えないかなとちょっと考えてしまいますね。
もっとも、キッズたちは無地のままでもそこにクレヨンやサインペンでお絵かきをして自分たちだけの「スペース」を作ってしまうそうです。
ユーザーのことを考えると自由に創作できる無地というのも決して悪いことじゃないなと、そんなこともスペース内で考えさせられました。
 
今回もお読みいただきありがとうございます。
 
 
 
 
 
 

今年もクリスマスケーキをいただきました

2019-12-25
昨年もブログで書きましたが、今年もクリスマスケーキが社長より社員全員にプレゼントされました。
12月、弊社は繁忙期で忘年会をしていられないため、その代わりのケーキプレゼントです。
例年どおり金沢市の菓子工房「ぶどうの木」のホールケーキです。一人1ホールです。
3種類(いちごと生クリームの定番一種、限定品2種)から選べましたので、私(一社員)は今年も限定のものをチョイスいたしました。
商品名は「タルト・ルージュ・ノエル」でした。
 
 
 
今年は箱も撮影
「ルージュ・ノエル」(クリスマスの赤)というだけあって箱から赤かったです。
箱まで撮ってしまったのは紙でできているからです。
アルバム台紙など紙製品を扱う弊社ゆえ、紙でできているものにはついつい注目してしまうのです。
このケーキの箱、うちでも作れないかな、と。
少しずつマーケティング脳になりつつある私です。
こちらが「タルト・ルージュ・ノエル」
タルトケーキです。
上に乗っているのはイチゴとブルーベリーとラズベリー、ブラックベリーです。
3層構造で、上が生クリームとベリー各種、真ん中がムース、一番下がタルトとなっていました。
生クリームにくどさがなく、甘さも控えめで味も上品。
そのおかげで上のベリー各種をより果物として味わえました。
タルトも硬すぎず、3層を同時に頬張ってもサラリと口の中で溶け合うような食感がありました。
大人でもすごく食べやすい上品な味のケーキでした。
ついつい何カットも食べてしまいそうでしたよ。
美味しかったです。
 
余談ですが、味わいながら上の飾り(サンタさんなど)を紙で作れないだろうかと考えてしまった私は、やっぱりマーケ脳になりつつあるようです…
 
今回も読んでいただきありがとうございました。
 
 
 
 
 

特製五角形写真袋に祈りを込める

2019-11-08
HPのトップページにも紹介されていますが、弊社には「特製五角形写真袋」なるものも作っております。
その名のとおり五角形の形をした写真袋です。
得意先の写真館の社長様のご提案から製作されたもので、その大きさから主に証明写真を入れるために使われています。
証明写真は入試や就職など合格に関わることに使われることが多く、「合格(ごうかく)」の祈願を込めて発音が近い「五角(ごかく)」の形をしております。
そんな五角形写真袋のご利益が上がらないだろうかと、先日、地元・石川県内の合格にご利益がある神社にその写真袋を持っていき、祈ってまいりました。
 
このように
こちらがその特製五角形写真袋です。
合格橋がある菅原神社(気多大社境内にあり)へ連れてきました。
ちゃんと社の前までいき、この五角形写真袋を掲げて参拝しております。
縁があってこの写真袋を手にした受験生や就活生が見事合格できますよう祈ってまいりました。
祈願が届きますように…
 
まあそれでも、受験生や就活生の手に届けるには写真館様に仕入れていただく必要もあるわけでして、会社的には「売れてください」との祈願も込めなければなりませんので…
大黒さまの前でも祈ってまいりました
日本では七福神にも数えられる大黒天は五穀豊穣の農業の神として知られていますが、よく対にされる漁業の神さま「恵比寿」ともども商売の神としても信仰されているんですよね。
同じ境内にそんな大黒さまも祀られておりましたので、会社的にはこちらにも祈願せずにはいられませんでした。
あしからずでございます。
 
なお、この特製五角形写真袋、参拝に連れて行ったものはクラフトでできた素朴なものですが、ほかにもいくつか別素材を使った色違いのものもあります。
ご覧のように他に5色
五色を追加して五角形写真袋で五角形を作ってみました。
もちろん、合格の願いを込めてです。
ご利益ありますように…
皆さんの手に届きますように…
 
今回もお読みいただきありがとうございます…
 
 
 
 
 
カトウ産業株式会社
〒920-3112
石川県金沢市観法寺町い46番地1
TEL:076-258-0943
FAX:076-257-6595
mail:
katou@kato-sangyou.co.jp

1.写真アルバム台紙
2.各種パッケージ
3.包装資材全般
4.紙加工品
0
2
2
6
7
7
TOPへ戻る